土日診療可能な歯医者をお探しなら栃木県足利市の「アシコタウン歯科」まで

アシコタウン歯科
アクセス
EPARK

診療内容

ホーム診療内容一般歯科(虫歯治療)

一般歯科(虫歯治療)

虫歯の初期症状は、ほとんど無いことが多いです。歯の神経に近づくくらいの深さになって、ようやく冷たいものがしみるなどの症状が出てくるということが多いです。
そのため、「痛くなったら歯医者に行けば良い」という考え方でいると、虫歯を重症化させてしまうことが多いです。
虫歯になると、自然に治ることは稀です。そのため、虫歯になった歯はすべて除去して、そこに詰め物、かぶせ者をつめるというのが従来からの歯科治療でしたが、材料や医療技術の進歩により、歯をできる限り削らずに治療できる方法が広がりつつあります。 おおたモール歯科では、保険治療を中心とした歯科治療においても、歯の負担を減らし歯の寿命を永くするため、できるだけ歯を削らずに治療を行います。

虫歯は早期発見・早期治療が基本です

虫歯は早期発見・早期治療が基本です

おおたモール歯科では、できる限り歯を削らない治療を心掛けております。 虫歯は一度進行すれば、もとには戻らない病気です。 ごく初期の虫歯ですと再石灰化が期待できますが、ある程度進行すれば歯科医院での治療しかありません。 もし、治療をしないでそのままにしておくと神経を抜く抜髄を行います。 最悪の場合は抜歯に至ります。 貴方の歯を守るためにも、虫歯は早期発見・早期治療が良いのです。

(場合によっては早期発見・要観察のときもあります)
また、虫歯が大きいと、歯の神経に近いところまで削らないといけないので治療後の痛みも出やすく、また型を取って詰め物を作らないといけなくなるために回数もかかり、治療の費用もかかるという結果になってしまいます。 定期的に歯科へ通って頂くことで虫歯が小さいうちに発見できることにより、治療における痛みも少なく、治療の回数も少なく、治療費も少なくなります。

無痛治療を心掛けております。

おおたモール歯科は、進歩した機器や材料を積極的に取り入れ、無痛治療を推進しています。また、虫歯になってしまったすべての人に、麻酔をするわけではありません。どのような症例においても「痛みを極力少なく、体への負担を少なくする最良の判断と、無痛機器の選択」が無痛治療だと考えています。

麻酔針を刺す前の表面麻酔

表面麻酔というのは、麻酔の注射をするまえに歯肉の表面に塗り薬を塗ることです。これにより、麻酔の注射を刺す時の痛みを軽減します。表面麻酔は、行っていない歯科医院も多いです。 当院では、患者様の痛みを少しでも軽減した治療を心がけておりますので、表面麻酔を使用するようにしております。

麻酔で重要な温度とスピード

麻酔薬の温度は、ご自身の体温に近づけますので、刺激がありません。 麻酔の注入速度はコンピューター制御のフルオートマチックインジェクターを 使用しているので、注入圧が一定しており、注入時の痛みも最小限ですみます。

この機械は、電気の力でゆっくりと麻酔液が入っていくように設計されたものです。そのため、圧力がかかりにくく、刺入時の痛みを軽減することができます。歯科医院によって使っていないところもあります。当院では、歯科治療への恐怖心が強い患者様のことも考慮して必要に応じてこういった機器も使用するようにしております。

最も細い麻酔針

麻酔針は現在日本で販売されている最も細い針(33G)を使用しています。痛みを最小限に抑えるため、最も細い針を使い射す痛みを感じにくくしています。

最も細い麻酔針
医療法人恵優会 おおたモール歯科 おおたメディカルモール歯科
page top