土日診療可能な歯医者をお探しなら栃木県足利市の「アシコタウン歯科」まで

アシコタウン歯科
アクセス
EPARK

診療内容

ホーム診療内容ドッグスベストセメント

ドッグスベストセメント

アメリカで開発された、最先端のセメントです。歯を削らず治療できるだけでなく、虫歯の再発を予防することができます。身体にも非常に優しい材料ですので、ご興味のある方は安心してご相談ください。

痛くない、神経を取らない新しい治療法

痛くない、神経を取らない新しい治療法

従来の歯科治療では、虫歯になった部分は全て削らないとだめで、その結果として歯の中の神経まで虫歯がいっていれば神経を抜かないといけない、といったことが多々ありました。
神経を抜いた歯は、血流が行かなくなるので歯に栄養が行かなくなり、「枯れた木」と同じような状況になり、歯が脆くなり欠けやすくなったり虫歯に弱くなるなど、長持ちしにくくなる可能性が出てくるといったデータがあります。

しかしながら、ドッグスベストセメントを用いると「虫歯菌に侵された歯質をある程度は取り残しても大丈夫」なので、神経を抜かなくても良くなる場合が極めて多くなります。 このセメントは、成分として含まれるイオンなどのミネラルの力によって虫歯菌を殺菌する力や、虫歯に侵された「軟化象牙質」という軟らかくなってしまった歯質を再び硬くしてくれる性質もあります。そのため、今ある虫歯を全て取りきらなくても大丈夫となります。

虫歯の上にこのセメントを置いた後、硬化させてから歯の形を整えて、その上に最終的な補綴物をつめます。 最終補綴物と歯の間にドックスベストセメントが存在し続けることにより、先ほどの効力が歯に働き続けるメカニズムです。

当院では、できるだけ削らない方法をしっかり相談して進めていきます。

このセメントは日本の歯科治療においては保険診療に用いること認められていないので、ドッグスベストセメントを用いた歯に関しては最終補綴物は保険外診療の詰め物ということになります。
現状、国の決めたルールによりドックスベストセメントを用いた歯には保険適用の詰め物が使えないのがデメリットではありますが、削る量を減らす、歯の神経を残して歯に血流を残して長持ちさせる、という面から大きな虫歯にはドックスベストセメントを用いた治療はおすすめであるといえます。

当院では、虫歯が大きい患者様の治療においてはこのドックスベストセメントを使うかどうかも含めて、しっかり相談をして治療を進めるように心がけています。

医療法人恵優会 おおたモール歯科 おおたメディカルモール歯科
page top